ホームページ

ご注文方法 

買取り、委託 

お問い合わせ

新規サービス

援助    

個人情報保護

特定商取引  

サイトマップ

古着商品

レディース 

キッズ 

メンズ

レンタル商品 

レディース

キッズ  

メンズ

★援助について★

| 個人への寄付の制約| 個人への低利子貸与の制約 | 援助の例 | 虚偽申請者への処置 | 申請書類等 | 申請フォーム |

『ゆめけいどっとこむ』を運営して得られた売り上げに対し、20%(送料分の負担を含む)を援助を希望される方に低利子貸与、無償提供することになります。
これは 商品を委託してくださるお客様、及びそれらの商品を購入してくださるお客様の好意とご協力があって初めて可能となりますので、それらのお客様を裏切らないために、本当に必要な方への援助のみを対象とさせていただきます。
援助を申請される方にとっては少し煩わしいかもしれませんが、先に記載したことを考慮して申請くださいますようお願いします。
この援助の試みは弊サイトで始めたばかりのことなので援助するうえで、法律上の課題や、申請条件等不備がでてくる可能性があります。
そのときはそれらの課題を改善するように条件等を適宜見直していきますので、ご利用の皆さんも変更があった場合、その内容を確認のうえ申請願います。
また、援助の必要な方はインターネットが接続されいる環境にない場合も多々あると思われるので、身近な方が弊サイトへの連絡や書類準備等で援助の手助けをしていただければ、そのような協力者のためにわずかばかりのお礼(援助額の5%〜最大1万円)も考えています。まわりの皆さんも援助サービスへのご協力お願いします。

弊サイトで書いている援助の中で無償提供とは一般にいう個人への寄付にあたり、また本来低利子貸与(法定利息5%)については貸金業法の制約を受けることになります。貸金業の登録が必要な場合、資本金の関係で断念することがあるかもしれませんが、登録不要な場合、低利子貸与サービスも行っていきます。結論が出るまでしばらくお待ちください。

■[個人への寄付の制約]

◆個人への寄付は一種の贈与にあたり、本サイトからの一時所得は贈与税の対象になり、確定申告が必要となります。(年間110万円以下の贈与については贈与税は不要です。)
◆年金受給者や生活保護受給者が 弊サイトから贈与一時所得を得た場合、年収が増加するため受給額が減少することがないか調べる必要があります。
◆個人への寄付は最低収入しか得られていない方で働くことができない方等、返済することが困難な場合に提供されます。

■[個人への低利子貸与の制約]

◆貸金業法による制約は上記の通り調査中ですので、具体的な制約については登録可否の結論が出た後連絡します。
◆また登録不要の場合でも、年収の程度により利子返済能力のある方は弊サイトからの低利子貸与は受けられません。通常ローンをご利用願います。

■[援助の例]-『ゆめけいドットコム』では具体的に以下のような場合に援助をしていきたいと考えています。

◆年金や生活保護費を受給されている方は、通常生活する上で苦しいので援助してほしいという申告に対しましては公的機関からの受給上乗せになり支給条件が変わってくるため援助することは難しいと考えます。
援助される場合としては、通常の生活費以外で、思いがけない出費(医療費、検査費用等が対象で、ぜいたく品等の購入費用は対象外です。)がでてきたが、公的機関からの補助がうまく受けられない場合等、に援助されます(援助可能な場合も一時支給により受給額が変わってくると逆に援助を受けられる方が困られるので自治体への確認は必要です)。
通常の定期的受給に関しましては、公的機関が全責任を負って義務を果たしていますので、弊サイトでは課題が大きすぎて対応することができません。今後、サイト運営が軌道に乗りましたら、単なる受給額の増加というのではなくて、報酬に基づく年収増加という形になるように応援していきたいと思います。)
◆就労しているが生活保護費と同等の年収しか得られていない方に対し、資格取得のために援助を行います。ただし、資格をきちんと取るのが条件です。資格を取らないままずるずる経過した場合、生活向上の意思がない方とみなし、援助を打ち切ります。その後の援助は一切受けられないと考えてください。資格が取れた方は新規就職先についても応援していきます(斡旋はできませんが)。援助範囲として資格取得費用及び、その間の生活費等が対象になってくると思います。
◆介護士等福祉業務に携わっておられる方は仕事がきつい割りに収入が低くて苦労されていると思います。そういう実際介護業務にあたられている方で他と比べて年収が低い等報われない状況がありましたら、そこに所属する団体や法人への寄付という形で援助していきます。ただし、援助金は必ず介護業務にあたられている方(特に夜間勤務等激務の方)に対する一時金支給という形で分配してほしいと思います。

(今後、年収が増加するように政府筋の話はありますので増加額決定後援助がさらに必要か判断していきます。)

まだまだ援助できる方は上記以外にもたくさんおられると思いますので、遠慮なく申請してください。ただし、援助の基準として上の3例で記載したように、働けないけれども、突発的出費があって支払うことができない場合とか、精一杯がんばっているが、収入の面で恵まれない等の方を優先して援助対象としていきます。

■[虚偽申請者への処置]

◆生活保護の不正受給についてもなくならず、かなり問題になっているようですが、弊サイトに申請した内容についても虚偽申請し、不正援助を受けたことが判明した場合、以下のように厳重に対処したいと思います。弊サイトからの援助はお客様の好意を介して得られた資金なので、好意を無にする方には厳しくします。
1)不正援助を受けたということは貯金、収入を虚偽報告して申請したものであると判断し、援助額の全額と、それを他の人に援助できたことを考慮して援助金に年利10%の利子を付加して返済要求します。
2)上記1項申し出に応じない場合、裁判所への手続きを行い、その費用も不正援助者で負担してもらうこととします。
3)その後の援助申請につきましては、不正援助者本人はもちろん、その不正に加担したことが判明した方に対して、一切受け付けないものとします。

ページの先頭に戻る

■[申請書類等]

◆援助が必要な方であることを証明できる書類を準備し、コピーを送付してください。送付していただいた資料は援助の審査資料とするのみでそれ以外の用途には絶対に流用することはありませんので、安心してください。申請者のプライバシーは厳守いたします。申請書類をそろえる前に下記フォームより申請内容の概略を送信してください。
対象 証明書類
年金受給者 各種年金証書
生活保護受給者 被保険者証明書
生活保護受給者証明書
団体、法人 会社概要(会社名、所在地、設立年、従業員数、資本金等)
従業員報酬(一般)
損益計算書
外国人 外国人登録証明書
パスポート
就労者(自営業含む) 源泉徴収(会社勤務の方)
確定申告書(申告している方)
共通 住民票(家族全員)
全金融機関預金通帳(家族全員)(※1)
保険証書(家族全員の保険)
証券書類(保持者のみ全て)
賃貸借契約書(自宅の場合不動産登記済証)
納税証明書
     ※1…通帳は最近1年間の日付が入った普通預金記帳欄、定期預金欄をコピーしてください。

    ページの先頭に戻る


■[申請フォーム]

申請書類等を送付する前に以下のフォームより申請予定内容の情報を入力して弊サイトまで送信してください。資料をそろえるためには取得費用がかかりますので、事前に申請内容を確認し、申請が可能と思われる場合、弊サイトより追って連絡します。その後、資料の送付お願いします。申請が難しい場合も連絡します。
■お名前(対象者)*
■団体、法人名(該当する場合記入)
■住所、所在地(対象者)*
■電子メールアドレス(対象者または協力者)*
■電話番号(対象者連絡先)*
■年齢(対象者)*
■就労状態*
■勤続年数
■概算年収(合算)*
■家族構成(対象者含めて)*
(内小人)
■対象(申請書類等の対象)*
■申請内容*
以下のフォームは申請者が協力者である場合に入力してください。
■協力者氏名
■協力者住所
■協力者電話番号
■対象者との間柄

入力が終わりましたら下の「フォーム確認」ボタンを押してください。

     ページの先頭に戻る


ホームページ

ご注文方法 

買取り、委託 

お問い合わせ

新規サービス

援助    

個人情報保護

特定商取引  

サイトマップ

古着商品

レディース 

キッズ 

メンズ

レンタル商品 

レディース

キッズ  

メンズ